愛と生を生きる

2015年秋新規がKinKi Kidsへの愛を語ります。Twitterは@lovelife77_k3

「Topaz Love / DESTINY」一言感想

https://www.amazon.co.jp/Topaz-Love-DESTINY%EF%BC%88%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%89-KinKi-Kids/dp/B077ZPKYBB/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1517103046&sr=8-5&keywords=Kinki+kidsご無沙汰です。

KinKi Kidsの現場に行くと語彙力を奪われる私は、一昨年のアリーナツアーを皮切りに、ドームコンサート、昨年の横浜スタジアムでのパーティー、小喜利、SHOCK、ドリフェス、ドームコンサート、といまだかつてない現場ラッシュ(博多座以外遠征)を過ごして、あの夏を過ごしていろいろ感じることもあり、すっかり語彙が皆無になっていました。

けれど、このシングルに関しては、どうしても書きたいのでおつきあいください。

例によって一言が一言に終わらないやつ。4000字超え。

 

・「Topaz Love」

「Family~ひとつになること」以来7年ぶりの共作。作詩:堂本剛、作曲:堂本光一、編曲:堂島孝平、の最強の堂堂堂。

この曲が作られた経緯については語ると長くなるので、2017年12月に発売された「The BEST」の初回盤の特典の20周年イベントの映像をご覧いただくか、2017年12月に放送されたNHK「SONGS」の第445回「KinKi Kids ~キミが隣にいなかった夏~」の再放送が2018年1月29日深夜にありますので、ぜひご覧ください(宣伝)。

イントロのピアノの「タララーン♪」は、チュクチューン♪(「ラブストーリーは突然に」ギターの佐橋佳幸さんのアイデアだと亀田音楽専門学校でも関ジャムでも見た記憶)に匹敵する、心をギュッとつかむイントロだと思う。

テレビサイズよりぐっと長いきらきらしたイントロをかみしめていると、「夜空 弾く 華の灯が」と歌が始まりあの横浜の夏の夜を思い出す。

どうしてもあの夏を重ねずにはいられないファンにとっては、柳楽優弥さんと矢野優花さんが出演するMVを見て、やっとこれが恋の歌であることがわかったというか。

「(仮)突発LOVE」を知る人にはあの夏の切なさときらめきが、完成した「Topaz Love」で初めて聴く人には10代の一生懸命で必死な恋の切なさときらめきが、曲を通して浮かんできて、見事なダブルミーニングが成立しているのですよね。

いい曲は、背景を知らなくてもやっぱりいい曲、と痛感する。

この曲の一番美味しいところは、やはりDメロだけれど、残念ながら、12月のSONGS、堂本兄弟SP、CDTVクリスマス音楽祭でしか披露されてなくて、タイムボカンのエンディングでは流れていないので、気になる方は、ぜひCDを手に入れて「いいの」と「いたいよ」にたどり着く瞬間を全身を耳にして聴いてください。

「(仮)突発LOVE」も別バージョンとしてぜひ仕上げたいと剛さんが言ってたので、首を長くして待ってます。

(この曲は、2番の最初のハモりとか、いろいろ語りたくて語りたくて仕方ないけど、いずれまた)

 

・「DESTINY」

作詩:Satomi、作曲:井上日徳、編曲:堂島孝平井上日徳と「Secret Code」と同じ制作陣、というだけで期待がぶちあがる曲。

タイムボカン 逆襲の三悪人」のオープニングテーマとなるも、剛さんが突発性難聴のためレコーディングが間に合わず、10月:Version K、11月:Version T、12月:KinKi Kidsバージョンという異例の形で披露され、シングルにも収録されることになったけど、結果的にファンにとっては3倍どころか、3の3乗で9倍美味しい曲になっています。何より、音源よりもドームで聴いた生演奏がさらにかっこよかった。

初回盤Bを買った方は、正統派アニメヒーロー的な光一さんの歌い方と金管がきらめく華やかなアレンジ、剛さんの抑え気味の艶めいた歌い方と低音が効いたいぶし銀のようなアレンジの違いを楽しみ、KinKiバージョンでの融合を聴いてどきどきし、歌割を見てにやにやし、アレンジの融合を楽しみ、MVを見て剛さんのギターソロ風のマイクプレイと光一さんのダンスのかっこよさに心臓が止まり、メイキングの3人を見てほほえみ…楽しみ方は無限大。(井上日徳さんがツイートされてた井上さんのギターのフレーズが使われてる箇所も未確認)

とりあえず、私は初回盤Bを重点的に聴いてるけど、まだまったく「聴きこんだ」域には達しておりません。コーラスだってアレンジも歌ってる人も違うんだもの。

難を言うなら、作詩のSatomiさんがこのコンペは「時空を超えた恋」というオーダーだったとツイートされてましたが、タイアップありきの曲を作る難しさ、というのをところどころに感じるかな。

KinKi KidsがDESTINY(運命)を歌うって「今日は今朝から頭が頭痛で痛いので、早退して早く帰ります」みたい、と思ってしまうタイプのファンですみません。

はっきり言葉にしなければ伝わらないのも重々わかりますし、光一さんと剛さんに「絶対離さない」なんて言われることは一生ないので、ええ、喜んでおります。

Satomiさんは、さらにあの「Anniversary」のアンサーソングにするという離れ業を見せておられますので、歌詞を見比べて探してね。

「Secret Code」や「99%LIBERTY」みたいに、ライブで盛り上がる曲になるのは間違いないので、剛さんの耳が快癒してこの曲を一点の曇りもなく楽しめる日が来ることを心から願っています。

 

・「哀愁のブエノスアイレス

作詩:売野雅勇、作曲:林哲司、編曲:船山基紀

タイトルと制作陣が発表された時点で、どんな曲なのか(いや間違いなく歌謡曲)とわくわくし、ツイッター上でもみんなざわざわしていた曲。

だって「少女A」と「北ウイング」と「勝手にしやがれ」が合わさるって!

しかも21世紀の平成のこの世にこのタイトル。

さすが、小室サウンド全盛期に「硝子の少年」を放り込んできた陣営。

あと、私はアルゼンチンならタンゴも期待してたけど(ブエノスアイレス→アルゼンチン→タンゴ→ピアソラバンドネオン・「リベルタンゴ」「ブエノスアイレスの四季」くらいの貧弱な連想)、タンゴに詳しいわけでは全くないので、知ったかぶりで書きますけど、強弱の取り方はタンゴを意識してるのかな?と思いました。

KinKiとほぼ同世代の私は、歌謡曲は子どもの頃にうっすら聴いてた記憶で、歌謡曲ど真ん中、直撃!という世代ではないのですが、39歳と38歳のKinKi Kidsが平成も終わろうという世に歌うのにふさわしい歌謡曲だなという印象。

まず「カテドラルの鐘が鳴る」に心をつかまれるけど、「もう二度と帰らぬ宝石の日々から君の影が石畳を駆けてくるよ」って、ここで、Topaz Loveのカップリングにこれを持ってきたか!とKinKi陣営に最大の敬意を表したい。

Topaz LoveとDESTINYで、いちどきりのあなたを好きでいたかったり、絶対離さなかったりと、唯一無二の恋に落ちてたのが、その恋も過去になる、苦い現実と哀愁を、39歳と38歳のKinKi Kidsが歌うなんて最高。

シングル、アルバムの中で曲が有機的に絡み合って、物語が生まれるのは、薔薇と太陽辺りから特に感じるので、共同プロデューサーの堂島さんに感謝です(Nアルバムの感想でも言った)。

あと、これは独り言として、私が勝手に切なくなっちゃうのは、剛さんの歌い方が発症前ではないか、という気がするのですよね。

KinKiは、よい曲があればレコーディングしておいて、タイミングを見てリリースするというやり方なのでありうる話。

どこがどうとはっきり言えないし、「Topaz Love」「DESTINY」の歌い方が悪い、というわけでは全くないのだけど。

 

・「CLASSIC」

作詩:MiNE、作曲:Victor Sagfors、Magnus Funemyr、編曲:VICTOR

作詩は「PLUGIN LOVE」も作詩されてた方ですね。作曲はフィンランドの方みたい。

私、まだ初回盤Bを聴きこむのに忙しくて、通常盤はあまり聴けてないのですが、(初回盤Aのバッキングトラックも楽しみにしてるのにまだちゃんと聴けてない。「Topaz Love」「DESTINY」の中毒性恐るべし)、ブエノスアイレスでも書いた、シングルの中で生まれる物語、でいうと、「漂流者」に「時空を超えた恋」を感じるし、「時代が変わっても 色褪せないよ愛の形は」って直球だし。

通常盤の4曲で物語ができあがっているけど、特に、「Topaz Love」と「哀愁のブエノスアイレス」、「DESTINY」と「CLASSIC」が対になる曲になる気がしています。

曲順そのまま春夏秋冬のイメージでもあるかな。

「CLASSIC」は目を閉じてサウンドに身体をゆだねて聴くのもほんとに心地よくて、ライブで生歌でぜひ聴きたい。

歌ってくれなかったら、「キミハカルマ」「勇敢な君に」「Where is」「星見ル振リ」と同様に、成仏できない「CLASSIC」おばけになって化けて出てやる(笑)

ということで、全4曲だけど、初回盤と通常盤、というと、なんとなく初回盤が豪華で通常盤は普通、というイメージがあるけど、いやいやたった1,188円なのに通常盤も豪華な1枚。

あと、やはりこれも発症前のレコーディングかなあ…。

 

・動画

一般的にジャニーズに公式動画があるというイメージはないと思いますが、KinKiの2人がピンクの髪でCMしていることでおなじみのGYAO!では、「Topaz Love」「DESTINY」のMVのショートバージョンが見られますので、ぜひどうぞ。

過去のシングルのMVやライブ映像ももちろん無料で見られます(宣伝)

KinKi Kids 「Topaz Love(ショートver.)」<39thシングル>-動画[無料]|GYAO!|音楽

 KinKi Kids 「DESTINY(ショートver.)」<39thシングル>-動画[無料]|GYAO!|音楽

 

・買うには

1月27日現在、初回盤はフラゲ日から実店舗では予約以外はほぼ完売で入荷予定なし、通常盤はほぼ完売だが注文可能、ネットショップでは初回盤は一部在庫があるものの転売により高騰している、という非常に品薄の状態です。

(経営や戦略上の問題があるのかもしれないけど、もう少し余裕を持って生産してほしかったなあ…)

(足りなくて海外輸出分がキャンセルされたとか海外ファンが気の毒すぎる…)

ネットショップでお買い求めの際は、正規の値段か、お値段と販売元をよくご確認・納得の上、お買い求めください。

(1月27日時点で、ツイッター上では、 #KinKi新譜在庫情報 #KinKi新譜在庫状況 というタグができて、みなさまが各地の実店舗やオンラインショップの在庫情報を上げてくださっていますので、参考にしていただくとよいかもしれません。)

#ジェロマミリオン大作戦

【ミリオンまであと56,601枚!】

【1/2~1/8強化週間です!】

 

その名の通り、KinKi Kidsの3rdシングル「ジェットコースター・ロマンス」を、ミリオン(オリコン認定)へ!というTwitter発信の企画のまとめです。

記事が長くなったので、分割しました。

 

私個人では情報を追いきれないことも多いと思いますので、ご了承ください。

むしろ、みんなで発信しあって盛り上がれたらと思ってます。

 

KinKi KidsCDデビュー20周年突入を私たちファンが勝手に祝うお祭りですから、自分のペースで楽しみましょう。

でも、勝手に祝ってると思ってたら、思いの外早くKinKi Kidsの二人に伝わったようで(オリスタ2016年4/4号参照)、ちょっと動揺しています(笑)

 

5月光一さんのSpiral円盤、6月剛さんの「Grateful Rebirth」&TU Funk円盤、7月KinKi Kids「薔薇と太陽」、8月乙コン円盤、9月Nアルバム&アリーナツアースタート、5ヶ月連続リリースに、怒涛の雑誌ラッシュにTV&ラジオ出演ラッシュ、11月までアリーナツアー、11月KinKi Kids 37th single「道は手ずから夢の花」リリース、12月・1月ドームコンサート、12月は堂本兄弟SPにFNS2週連続出演に、紅白歌合戦初の正式出場、1月バラードベスト「Ballad Selection」リリース…みなさまのお財布の中身とHDD容量とスケジュール管理は無事ですか?

 

これが20周年YEARか!と新規の私はお口ポカンとなってますが、みんなで楽しみましょうね!

 

 

【今の動き】(2016年12月6日時点)

さて、バラードベスト「Ballad Selection」リリースに合わせて、ジェロマミリオン大作戦も再開です。

 

企画者のDo-moさんのツイートを紹介します。

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

1月2日(月)~1月8日(日)がジェロマミリオン大作戦強化週間です。

海外のファンの方も協力したいという気持ちが嬉しいですね。

私も、京セラドームにも参戦予定ですが、「Ballad Selection」は既に地元のCDショップで初回盤・通常盤を予約済みですので、同じお店でジェロマを注文しようと思ってます。

週間200位以内にランクインしないと売り上げ枚数としてオリコンにカウントされません。ぜひ強化週間での購入をお願いします。

 

また、ラジオや有線などいろんな場所で、KinKi Kidsの好きな曲をリクエストしたりして、KinKi KidsCDデビュー20周年で盛り上がっていきませんか?

 

#ジェロマミリオン大作戦 リクエスト先情報 - 愛と生を生きる

  

その他、詳しいジェロマミリオン大作戦の情報については、下記のリンクからどうぞ。 

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

lovelife77.hatenablog.com

 

 【企画について】

1998年に発表されたKinKi Kids3枚目のシングル「ジェットコースター・ロマンス」(JECN-0156)の売り上げが、現在93万枚台。あと7万枚でミリオン到達!

というわけで、2016年1月31日にKinKi Kids20周年のお祝いに頑張ろう♪という企画が始まりました。

 

twitter.com

 

(現在のハッシュタグ

#KinKi20周年yearお祝い運動

#ジェロマミリオン大作戦

#硝少ダブルミリオン

#KinKi応援要望ハガキ

#ジェットコースターロマンス発売記念日_0422

Ballad Selection一言感想

一言と言いつつ4000字超えです。すみません。

 

2017年1月6日にリリースされた、「Ballad Selection」

このタイミングで来るか!とリリース情報を知った時に思いました。

れっきとした20周年YEAR突入のタイミングで(2016年はやっぱりちょっと腑に落ちなかった)、満を持しての紅白出場で堂々たるパフォーマンスを披露し、「あ、KinKi Kidsやっぱりいいよね」という層にバラードで殴りこみをかけるKinKi Kids、好きです。

 

いつもCMは東名阪のみだけど、今回は福岡でもたくさん流してくれて、テレビでCMが見られて嬉しかったです。

母が「青の時代」と「もう君以外愛せない」が好きなので、バラセレは買ってあげるつもりだったけど、「青の時代が流れてた!」と興奮していて、自分でCDを買う勢いだったので、あげたら喜んでくれました。JEさんありがとう。宣伝大事。

 

しかし、初回盤のジュエリーボックス(綺麗。箱のために初回盤2つ買った)とか2人の直筆メッセージ(想定の範囲内だった。知ってた)とか通常盤のみの曲(冬聴きたい曲。素敵)とかお年玉2倍ポイント(応募があまりに先で忘れそうだけどアナログ盤は絶対ほしい)とかポストカード(あのアー写好き)も嬉しいけれど、全曲リマスタリング、という最重要ポイントをなぜ、CDに貼ってるシールだけでこっそりお伝えしてくれるのか(公式サイトにも言及なし)。

リマスタリングは当たり前と言わんばかりにさらっとしてるのもかっこいいけれども、それを知ってたら買う人ももっといると思うんですけどね、実際。

あなた方のファンは、新規でもちゃんと昔のアルバムやシングルを掘り下げていくから、楽曲は知ってるのよ?

でも買ったらリマスタリングだったから、お年玉みたいで嬉しかったですけど。

 

このブログをご覧になっていて、まだBallad Selectionをお買い求めでない方は、ぜひ買って聴いてみてください。

今まで知ってたあの曲もこの曲も全然音が違います(私の環境で言うと、パソコンやiPhone付属のイヤホンではわかりにくいけど、CDプレーヤー(ONKYO)や4000円くらいのイヤホンで聴くとわかります。あと昔の曲の方がはっきりわかる)。

 

フラゲ当日の私の興奮ぶり。

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 さて、全然一言じゃないけど、曲の感想をちょっとずつ。

 

M1.愛のかたまり(M album Ver.)

楽曲の感想は既に別記事があるので割愛。

 

lovelife77.hatenablog.com

 

初回盤だとわかりやすいけど、M1(最初)とM7(真ん中)とM13(最後)に共作曲を持ってくるKinKi Kids陣営、ファンが作ったプレイリストかよ!とツッコミたい気持ちを抑えられないけど、その意図には一語一句同意です。

2016年夏からのリリースや活動に感じられた圧倒的で爆発的なエネルギーと活動量に「あまりに愛が大きすぎると失うことを思ってしまうの」と不安になり、グループとしての活動が少なくなる真冬の時期には「この冬も超えてもっと素敵になってね」と祈り、まるで2016年のファンのテーマソングのようで。

恋愛の歌としても素敵だけれど、誰かを好きで応援する気持ちを支えてくれる歌だなと思う。

こういう素敵な曲を2人から受け取っているから、昔からのファンの方は応援し続けていられるんじゃないかな。

 

M2.むくのはね

イントロのギターから、うかつに触れたら壊れそうな世界で言葉を失ってしまう。

一瞬と永遠、無垢と痛みを同時に感じる曲。

 

M3.雪白の月

M2、M3、M4の流れって泣けと言わんばかりでずるい。ピアノの音が流れるだけで、ひんやりとした月と部屋が目に浮かぶ。

男性目線の歌詞だけど、強く訴えかけてくるのは言葉とメロディーとボーカルの力が混然一体となってるからかなと思う。

言葉と音階の流れがとてもナチュラルで、つぶやくような語りかけるような振り絞るような歌。

ドームで光一さんが「歌うより聴いてたい曲」と言ってたけど、こういう時って誰の歌を聴きたいとイメージしてるのかな?と純粋に不思議。自分の歌声だと浸れないよね。

 

M4.青の時代

ここで季節が冬から春に移り変わる。でも春爛漫、ではなくて、ちょっと憂いを帯びた春。

リマスタリングで2人のボーカルが聞き取りやすくなっていて、繊細で、包み込まれるよう。

昔の曲を2人の今の歌声で聴きたいなあと思っていたけど、これを聴くと、青春の一瞬の輝きを永遠に残すことの価値がわかる。

 

M5.薄荷キャンディー

季節は初夏かな。松本隆先生の描く女性は、同性から見るとコケティッシュなのに、異性からは無邪気に映るという実に不思議な(うらやましい)存在。

Mステでの久しぶりの披露もよかったな。

 

M6.Anniversary

「何気ない今日と云う日がボクらの記念日」はい、ファンの標語いただきました。

歌詞の中に季節を明示した言葉はないけれど、薄荷キャンディーの後に続くのは、季節感という意味でも、描かれる健全な?愛のイメージからも何だかわかる気がする。

でも、聴いてると浸れるけど、よく歌詞を読むと、この主人公まだ何も相手に言ってないから、早く言え!頑張れ!と思う(笑)

 

M7.Family~ひとつになること

リリース当時のことは知らない新規ファンだけど、この曲が東日本大震災前の2010年に生まれたKinKi Kidsって強いな、とずっと思ってる。

流行を追うのではなく、よい楽曲を求めてきた彼らの姿勢が結実した曲。

戦後70年の2015年に、NHK「いのちのうた」で原爆ドームを背景に歌った姿も忘れられない。その印象もあって、私には真夏の曲のイメージ。

 

M8.いのちの最後のひとしずく

「花びらに埋もれて」は春の夕暮れのイメージなんだけど、アレンジやボーカルに秋らしい艶っぽさも感じられるような。M7からの転換がすごい。

「AH人生はたった2秒で AH何もかも変わってしまう けれど けれど…」

ひとつになった、あるいはなり損ねた先には、こんな末路もあるのかしら。

 

M9.Love is…~いつもそこに君がいたから~

これを聴くと39コンで座って歌う姿が目に浮かぶ。

外は秋模様だけど、部屋の中はあったかくて、というイメージの歌とサウンド。

ガットギターの音が好きなので、延々と聴いてられる。

 

M10.もう君以外愛せない

若い2人の声が、またまっすぐなこの歌詞の内容と合ってて好きだけど、Mステで今の2人が歌うのも、また違った深みがあってよかったな。

そして、サウンドも冬が近づいてくる気配。

 

M11.to Heart

これも若い2人の歌声。

ドラマを見てないので、皆さまみたいな思い入れはないんだけど、「夜は夜になるため太陽を犠牲にするという 永遠なものなんてない それでも星は二人の上で光る」という歌詞を歌い切る2人のボーカルの説得力に感心してしまう。

たぶんこの言葉を歌える力がなければ、ただの甘酸っぱい恋の歌になってたと思う。

 

M12.停電の夜には-On the night of a blackout-

Gアルバムの中の1曲として聴いた時にはぴんと来なくて、バラセレで好きになった曲かな。

雑誌のインタビュー記事を読んでたら、2人は結構お気に入りみたいで、男性の方が好きなのかなと思ったり。

 

M13.銀色 暗号

共作曲では、やっぱり愛のかたまり一押しだけど、定期的に銀色暗号フィーバーがやってきて、今第7次くらい(笑)。

吉田建さんのアレンジの美しさがまず耳に飛び込んでくるけど、2人の時に重なり合い時に浮かび上がる声が好き。2行ずつ繰り返されるメロディーに、言葉がひらひらと乗って、イメージがいくつも重なりあって。真っ白な世界。

新規としては、雪白も銀色暗号も生で聴ける日が来るとは思っていなかったので、ドームで聴けて感涙ものだった。

アリーナツアーでは本編に入ってた愛かたが飛ばされてたから、たぶんアンコールに来るんだろうと予想はしてたけど、愛かたの次が銀色暗号ってずるい。

 

M14.White Avenue

通常盤のみ収録。

何だろう。この曲と言い、「マフラー」と言い、最近のKinKi Kidsのこういう歌は勝手に照れてしまってあまり聴けてない。勝手にしろという声が聞こえてきそうだけど(笑)。

ちょっと冷静になってみると、プロポーズする彼氏の気持ちというか、銀色暗号の裏側みたいな曲で、これをここに持ってくるのが面白いな。

 

M15.道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)

通常盤のみ収録。

和音階のせいなのか、イントロが松任谷由実の「春よ、来い」を連想させる。

シングルになるまでにアレンジが二転三転したと雑誌で言ってたけど、こっちが最初のバージョンなのかな?

シングルとしてカットすべきはシングルバージョンだと思うけど、こちらのバージョンも春の訪れの温かさがあって好き。

 

感想を書きながら気づいたけど、アルバム全体で四季の移ろいを表してるみたい。

年代順じゃないのに、聴いててしっくりくるのはそういうわけか。感服。

初回盤は、銀色暗号で終わってまた愛のかたまりに戻って、と逃れられない輪廻を繰り返すイメージだけど、通常盤は、M14とM15で、こんなアナザーストーリーもあるよ、と言われてるみたい。

 

Nアルバムと言い、神様仏様堂島様に感謝(どうやって曲順が作られたのか、曲順に堂島孝平さんがどの程度関与したのか、ソースが全くないので、想像の域を出ませんが、他のアルバムとの違いを個人的にはすごく感じるので勝手にそうあがめています)。

 

と、全然一言じゃない感想でした。 

 

Ballad Selection【初回盤】

Ballad Selection【初回盤】

 

 

Ballad Selection【通常盤】

Ballad Selection【通常盤】