読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と生を生きる

2015年秋新規がKinKi Kidsへの愛を語ります。Twitterは@lovelife77_k3

どヤ感想(2016年2月1週水曜日)

KinKi Kids ラジオ 堂本光一

今週のどんなもんヤ!は光一さんのひとりどヤ。

 

オープニング

1日があと10時間あったらどうしますか?という質問。

「寝るだけ。あんなことやこんなことしたり」

安定のお答え。あんなことやこんなこと、って言い回し好きねー。

 

「1日34時間になると、地球の主軸の回転が遅くなって大変なこと」

へ?そっちの話?(笑)

 

「よって、ジャニーズワールドも13ヶ月目を探しに」

「大変なこと。破滅します。人間が生きていけない」

うん、地球の回転が遅くなると、月とか海とかいろいろ考えられないくらい影響がありそうだけども。

 

「始めます」

あれだけ語っておいて、さらっと始めた(笑)

 

フツオタ

学校での遊び、教室のカーテンにくるまる遊び、女子がやってるイメージ。

机にノリを塗ってはがす人も。

「意味わからん。そんだけヒマやってことや 」

「おかしな話。勉強してるんだからヒマやないはず」

何でだろーねー。

「僕はカーテンみたいなやつを、こう、ね、片方ずつの手で持って飛ぶことが出来るっていう特技がありますけどね」

それは光一さんだけです。

 

オレファン

グランプリトクシュウが休刊決定。

「寂しい。残念」

「周りにF1の話を思う存分できる人がなかなかいない。取材であーだこーだ話すのがなくなる。残念」

 

V10エンジンからV8エンジンに変わる時に、V10エンジンのサウンドが聞けなくなるのは残念と、プライベートでベルギーGPに行った光一さん。

事務所に「何があっても大丈夫だから、ファーストで行きなさい!何があってもケアしてくれるから」と言われてそうした。

 

「めっちゃ高い」

でしょうねー。しかも自腹って。

 

「行きなさい言うなら出してくれや!って思った」

でも、光一さんの安全には変えられないから、そうしてくれてよかったです。

 

その時のベルギーで、グランプリトクシュウの編集の方とお会いして、連載のお仕事につながったんですねえ。

 

「F1自体が世の中的にも端へやられてる。もうちょっと盛り上がっていただけるといいんですけど」

昔は地上波で見てた気がするけど、そう言えばいつの間にか見ないですもんねえ。

再び盛り上がる日は来るのか?

 

「歌ですー。きんききっず…で、Kissから始まるミステリー」

昨日のMistyからのKissミス!

まるでこの前のコンサート。早く映像化してください。

 

ポエム

ここに畳を捨てないでくださいという看板の横に畳。

「どっちが先なんだ」うん。気になる。

 

「粗大ゴミの出し方が境界線が難しい」

「大きさ何センチとか、燃えるもの、燃えないもの。難しいよね」

ゴミの出し方について語るアイドル(37歳)。

でも、光一さんもちゃんと生活してるんだなと感じられて、こういう話好きですよ。いらん方向に脱線もしそうだけど(笑)

 

「はい、お相手は堂本光一でした。バイバイ」

バイバーイ。