読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と生を生きる

2015年秋新規がKinKi Kidsへの愛を語ります。Twitterは@lovelife77_k3

楽曲感想(3)Alright!

はてなブログは初めてでシステムがよくわかってないのですが、記事にスター?をいただきました。ありがとうございます。

 Alright!の感想です。

 

作詞作曲編曲:堂島孝平

Drums:Shigeru Komatsu

Bass:Haruhiko Okabe

Guitar:Kohei Dojima

Keyboards:Daisuke Kanazawa

Trumpet:Chiaki Miura

Trombone:Kayoko Yuasa

Tenor Saxophone:Junko Kato

Chorus:Koichi Domoto & Kohei Dojima

 

2015年現時点の最新シングル「夢を見れば傷つくこともある」通常盤カップリング。

ということは私が初めて買ったKinKi Kidsのシングルなんだけど、初聴は、何じゃこりゃ?だった。

 

「いつだっていつだって♪」

30代アイドルがこれ歌って、しかもデビュー曲で「硝子の少年」とか歌ってた人たちですよ?なのに、ぴったりなのは何で? 笑うしかない。絶句。

 

しばらく言葉がなかったけど、 堂島孝平さんの最新アルバム「VERY YES」を聴いて、特典の20周年記念ライブの映像も見て、真城めぐみ&キンキ経由のPERFECT LOVE落ちで堂島さんにもはまりそうな私としては、堂島さん、KinKi Kidsをこっちに寄せてきたな、と感じた。

 

これまで、堂島さんがKinKi Kidsに書いてきた曲を挙げると、「Misty」「カナシミブルー」「いつも僕は恋するんだろう」「永遠のBLOODS」「黒い朝・白い夜(剛歌唱)」「きみとぼくのなかで」「キラメキニシス」「Speak Low」とさまざまな曲があるけど、堂島さんは歌詞はその人に合わせて書くそうで、その時のKinKi Kidsに必要な言葉なんだろうな、と今読んでもそう思わされる言葉ばかり。

 

今回のシングルの曲は全て応援歌をテーマにして他のチームも作るということで、さらに堂島カラーへポップへ寄せてきたのかな。ミュージシャンも堂島さん界隈の方だし。

二人の歌い方もかわいい。特に光ちゃん。かわいいボイスの限界に挑戦していませんか?剛くんがかわいいのはデフォルトですからね。

今頃ファンになった私としては、大人ポップ好きだし嬉しい。堂島さんの「VERY YES」に入っててもおかしくない曲だなーとニヤニヤする。

 

歌詞は、曲調がポップなのと対照的に真剣な言葉の数々。メロディーが違ったら夢見ればみたいな曲になってもおかしくない。

ずっとずっと見てきて知っているからこそ伝えられるメッセージ。

私達リスナーへの応援ソングでもあるけど、20年目に向けて走り出そうというKinKi Kidsに素敵なはなむけだと思う。

 

このシングルについての記事すらチェックできてないくらいの新規なので、的はずれな部分もあるかもしれないけど、そう感じました。